2008年10月11日

声優初挑戦の真木よう子が「セリフが汚すぎる!」と苦笑い

10月15日(水)スタートのフジテレビ系深夜アニメ『ミチコとハッチン』の制作発表が10日、都内で行われ、声優に初挑戦した女優の真木よう子、大後寿々花、坂井真紀が出席した。

『サムライチャンプルー』で知られるアニメ制作会社マングローブの最新作で、お尋ね者の美女・ミチコがかつて愛した男の娘・ハッチンとともに逃避行を繰り広げるロードムービー。同作は女性の視聴者をターゲットに制作され、シーンごとに変わるキャラクターの衣装も見ものになっている。

主人公ミチコの声を演じる真木は、第1話でミチコが着用する囚人服をイメージした衣装を、ハッチン役の大後と、ミチコのライバルで警察官・アツコ役の坂井は、同作の舞台であるブラジルのブランドメーカー、コルチの衣装を身にまとって登場。真木は「夜更かしをするので深夜アニメはよく見ています。女性向きの深夜アニメが少ないので、このアニメは声優をやっていなかったとしても見てしまうはず。絵がきれいだし、女性の心を揺さぶりますね」とコメント。制作の都合上、絵コンテの段階でアフレコを行ったそうで「初めは『(簡単に)できるだろ』と思っていたけど、実際は難しくて戸惑いました。ミチコの感情をつかめないまま、セリフを吹き込んだりしてしまって。でも完成したものを見た時はテンションが上がりましたね」と笑顔で振り返った。

また、真木はミチコについて「男っぽくてかっこいい。あこがれます。自由奔放で傍若無人だけど、時折垣間見られるかわいらしさがいい」と話し、「でもセリフが汚すぎる! おかげで何度もかんじゃった」と苦笑いした。

『ミチコとハッチン』
10月15日(水)スタート 毎週水曜26:08〜 フジテレビ系で放送
(ぴあ)

主人公ミチコさながらにバイクの前でポーズを決める真木よう子の写真
posted by 大後寿々花コラム at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 大後寿々花ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24261205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック