2008年11月29日

小泉今日子×猫グーグーのニャンダフルライフ!映画『グーグーだって猫である』がDVD化

東京・吉祥寺に住む漫画家の麻子は、愛猫サバの突然の死にショックを受け、マンガを書けない日々が続いていた。そんな麻子の元に小さな子猫グーグーがやってきて、麻子は次第に元気を取り戻していく。だが、ある日、麻子は思いがけないことを知らされることに……。飼い猫たちとの愛しい日々を、ほのぼのとしたタッチで描いた映画『グーグーだって猫である』のDVD化が決定! 角川エンタテインメントより2009年2月6日に発売されます。

 原作は、漫画家・大島弓子の自伝的人気エッセイ漫画。『ジョゼと虎と魚たち』で知られる犬童一心監督が小泉今日子を主演に迎えて映画化したもので、出演はそのほか、上野樹里、加瀬亮、森三中、林直次郎、マーティ・フリードマン、大後寿々花など。細野晴臣が音楽監督を担当したことでも話題で、またテーマ・ソングには小泉今日子と細野晴臣のデュエット・ソング「good good」が使われています。

 DVDのタイトルは『グーグーだって猫であるニャンダフル・ディスク付き』(ACBD-10649 税込4,935円)。本編ディスクと、特典映像入り“ニャンダフル・ディスク”の2枚組で、特典映像には、映画の撮影風景や吉祥寺ロケ地めぐりを楽しめる「メイキング」、細野晴臣の音楽世界を満喫できる「音楽メイキング」、「小泉今日子×細野晴臣スペシャル対談」、「グーグーのNGシーン集」、映画本編では見られないレア映像を撮影した「プライベート映像集」などが収録されます。また初回限定特別版にのみ、外箱&ブックレット(オールカラー32ページ)が付いてきます。

 本編のみならず、猫好きのハートをくすぐる特典映像も満載な本作。多くの人々をほっこりさせた“猫ムービー”をDVD作品としてもお楽しみください!
(CDジャーナル)

posted by 大後寿々花コラム at 05:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 大後寿々花ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24261387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック